ボンキュートに副作用ある?

ボンキュートには副作用があるのでしょうか?

効果や飲みやすさ、ダイエット効果と美容効果が選べるという嬉しい要素いっぱいなので注目されているボンキュート。

 

 

安全で良質な成分が配合されていても、用法用量を守らずに飲めば副作用が起こるのも当然です。

 

 

また、その時の体調により副作用が出る可能性もあります。

 

 

今回は、副作用を起こさないために気をつけなけらばならないことをご紹介します。

 

 

副作用が起こってしまう原因は?

ボンキュートを飲む場合に気を付ける点をお教えします。

 

きちんと守れば副作用に怯えることなく、バストアップを目指すことができますよ!

●過剰摂取
どんなに効果のある良質な成分が含まれているからといって、たくさん飲めば効果が早く出るわけではありません。
むしろ過剰摂取すると体調を崩してしまう場合があります。
ボンキュートには「大豆イソフラボン」という女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きがある成分が含まれています。
女性ホルモンを過剰に摂取してしまうとホルモンバランスを崩します。
それ以外にも、キャンドルブッシュ・オリーブ葉抽出物には便秘解消の効果があるので、多くとりすぎると下痢をする場合があります。
プエラリアミリフィカ・プラセンタには女性ホルモン活性化や美容に良い成分が含まれていますが、摂り過ぎは良くありません。
月経不順・不正出血・アレルギー性皮膚炎の悪化などの原因になります。

●生理中に服用
ボンキュートに限ったことではありませんが、バストアップサプリメント全般的に生理中の服用は控えた方が良いです。
ボンキュートを生理中に服用すると、女性ホルモン過剰の状態になりバランスが崩れます。
その場合、生理痛の悪化・不順、不正出血、倦怠感などの症状が出る可能性があります。
生理中は体調が悪くなる女性が多いので、このような副作用でさらに体調を崩すことが無いようにしましょう。

●ピルと併用した服用
この場合も生理中と同様の副作用が起こる可能性があります。
ピルを服用していることで女性ホルモンが増えている状態なのです。
もし、ピルを服用している方はボンキュートかピルどちらかをお休みするようにしましょう。

●妊娠中・授乳中に服用
ボンキュートの公式サイトにも妊娠中・授乳中の方はボンキュートの利用を控えるように注意しています。
妊娠・出産・産後は女性の身体に大きな変化が起きています。
これは女性ホルモンの分泌量が増えているので、更に外部から女性ホルモンを摂取すると体調を崩します。
また、ママだけでなく赤ちゃんにまで影響を及ぼす危険があるため、絶対に服用してはいけません。

●体質に合わない
ボンキュートに配合されている成分が合わない場合に体調不良を起こす場合があります。
特にアレルギーをお持ちの方は配合成分をきちんと確認してください。
配合成分にアレルギー症状が出るものが入っている場合は服用は控えた方が良いでしょう。

 

副作用を起こさないために気を付けること

ボンキュートは女性らしい身体づくりをサポートする良質な成分がたっぷりと含まれています。

 

 

以下のポイントに気を付けてボンキュートを正しく飲めば問題なく理想の身体づくりを目指すことができます。

 

生理中、妊娠中、授乳中には飲まない
用量用法を守る(過剰摂取しない!)
ピルとの併用はしない(どちらかはお休み)
配合成分をきちんと把握して自分の身体に合わない物が入っている場合は飲まない

 

 

結果に焦ることなく、無理せず正しく飲めば副作用の心配は無いと思います。